鼻水吸引器とは何か簡単に紹介します

赤ちゃんが風邪をひいたときに鼻水がたまって苦しそうな時があります。まだ自分で鼻をかめない赤ちゃんは、息苦しくて眠れず、ぐずってしまうので、何とかしてあげたいと思うのが親心です。そんな時に役立つのが鼻水吸引器。昔の親は赤ちゃんの鼻に口を付けてそのまま吸って鼻水を取っていましたが、自分の赤ちゃんとはいえきれいなものではないので気持ちのいいことではありません。さらに、風邪などウイルス性であった場合は看病をするママにも感染してしまう可能性があるので注意が必要です。もちろん、吸った後は吐き出してうがいをするなどをしますが、抵抗があるというママがいてもおかしくありません。そんな時に一つあると大変便利な鼻水吸引機。あまり使わないかも、と躊躇していた人はこの機会に使い勝手をチェックしてみましょう。

様々な種類があるので用途に合わせて選べる

鼻水吸引器と一口に行ってもその種類は様々。まず、思いつくのはストローのような形でママが直接吸っても口に入らない設計になっているアナログなもの。安価でかさばらないのでいつでもどこでも使えます。ただ、直接口には入らないものの、自分で吸い上げるということには変わりなく、力の調整が難しいのが難点。慣れれば何でもありませんが、今の主流は電動のものになっていることから影を潜めつつあります。電動のものには据え置きのものと持ち運びが可能なコンパクトなものがあり、赤ちゃんだけでなく、幼児や大人ももちろん使えるので、花粉症や鼻炎に悩む家族や、お年寄りなど鼻をかむ力が弱っている人の介護用品としても使うことができます。せっかく購入しても使う頻度が少ないともったいないので、どんどん活用してスッキリさせましょう。

据え置きタイプとコンパクトタイプの違い

鼻水吸引器の据え置きタイプとコンパクトタイプのメリット、デメリットについてチェックしていきましょう。据え置きタイプは医療機関などでも使われるほどの吸引力が魅力です。据え置きでも小さ目で軽量な商品が人気で、使いやすく手入れがしやすいのもポイントになります。音が大きく、値段が高いのが難点。コンパクトなタイプはいつでもどこでもサッと使えて赤ちゃんが怖がらないのがメリットです。旅行や外出先でも持ち運びできるので、いざという時にも役立ちます。吸引力が据え置きのものよりやや劣るのがデメリットですが、日常使いには問題ないレベル。鼻をかむのは幼児でもなかなか難しいので、手元にすぐあれば使用頻度は少なくないはずです。手軽で使いやすいものを選んで活用してみてはいかがでしょうか。

多くの医師にも推奨されている商品です。 ママ人気No.1(楽天・Amazonでの口コミ業界最多)吸引力が高く、手入れしやすいデザインです。 トイザラスでは14,900円でお買い求めいただけます。 赤ちゃん向けの電動鼻水吸引器です。パワフルな吸引力で、病院に行かずに自宅で手軽に鼻水吸引が可能になります。 小児科医や耳鼻科医も、しっかり自宅での鼻水吸引ができるように薦めていただいています。 鼻水吸引器の種類・選び方