こんな鼻水吸引器だと個人でも使いやすいです

乳幼児はよく風邪をひいて鼻水や鼻づまりを経験します。自分では鼻をかむことができませんから、耳鼻科で吸引してもらったり、自宅で鼻水吸引器を使用して吸ってあげる必要があります。特に、生後3ヶ月以内の赤ちゃんは、口呼吸ができないため、鼻水が詰まっていると最悪の場合窒息してしまう可能性もありますから、頻繁に吸引してあげる必要があります。家庭で使用できる鼻水吸引器には、手動のものと電動のものがあります。手動のものは、ドラッグストアや薬局などでも手軽に購入できるタイプの吸引器で、価格も1000円前後と安いため、一つは持っているという人も多いのではないでしょうか。コンパクトなので外出時にも持参することができます。一方、電動のタイプは、吸引力も強いため、鼻の奥にある鼻水も吸い取ることができます。

家庭用の鼻水吸引器の種類と選び方

鼻水の吸引というと、耳鼻科で吸ってもらうものと思っている人もいるかもしれませんが、自宅でも吸引してあげることができます。一般的に知られているのは、手動タイプのもので、チューブを鼻に挿入して、口で吸ってあげるというものです。この吸引器は、掃除も簡単で、水っぽいさらさらとした鼻水には効果的に使用することができます。ただ、吸った鼻水を飲み込んでしまったり、親がウイルスに感染してしまうリスクもあります。一方、電動の吸引器は、吸引力を調整することができ、手動では難しいねばねばとした鼻水もするっと吸い取ってあげることができますから、呼吸も楽になり朝までぐっすりと眠らせてあげることができます。どちらのタイプにも、メリットとデメリットがありますから、購入する際には、使用頻度や価格など総合的に考慮して選ぶとよいでしょう。

個人でも使いやすい据え置きタイプ

据え置きタイプの電動吸引器は、耳鼻科で使用されているのと同じような効果を期待することができます。価格も高額で場所もとるというデメリットはありますが、鼻水をすぐに吸引してあげることができますから、風邪を長引かせることもありませんし、毎回耳鼻科を受診して吸引してもらう手間もなくなります。大型のものは使い方が難しいのではないかと思っている人もいるかもしれませんが、圧を調整することもできますから、赤ちゃんから大人まで幅広く使用することができます。鼻水の吸引器を購入するときのポイントとしては、連続しようが可能で、すぐに圧力がでるもの。掃除がしやすいものなどを基準に選ぶと失敗はしません。どんなに高価なものでも、使い方が難しかったり、掃除が面倒なものだと使用するのが面倒になりますから、自分で使用しやすいものを選ぶことが大事です。