ぜひ鼻水吸引器を家庭でも使ってみましょう

耳鼻科で診察をしてもらった時に、処置として鼻水の吸引を行ってもらったという経験をお持ちの保護者の方は多いのではないでしょうか。自分で上手に鼻水をかむことができない小さなお子様にとっては、鼻水吸引がとても重要な治療方法となります。鼻水には多くの細菌やウイルスがおりますので、そのまま鼻の奥(鼻腔)に滞留した状態では、副鼻腔炎の原因となったり、お子様が鼻をすすることによって時間に鼻水が入り中耳炎となる可能性もあります。そのため、しっかりと吸引してあげるということが望ましいと言えます。耳鼻科で吸引をしてもらうためにその都度通うというのも大変ですので、ぜひ自宅にお子様用の鼻水吸引器を用意してみてはいかがでしょうか。使い方も簡単ですので、保護者の方がご自身でお子様の鼻を快適な状態に保ってあげましょう。

鼻水吸引器は小型の掃除機と基本的に同じ仕組み

もちろん掃除用の普通の掃除機とは吸引力に違いはあるものの、空気の力で物質を吸い込むという基本原理は同じです。鼻水吸引器は、お子様の鼻水を吸い出すために適切な出力に設定されており、強すぎず弱すぎず、鼻腔の奥にある鼻水をしっかりと吸い出してくれる機器です。空気を吸い込んでいくという構造のために、周囲に隙間があると空気が漏れてしまいますので吸引力を発揮できません。隙間がないようにノズルをお子様の鼻に挿しこんだあとは、保護者の方がそっと優しく鼻の穴の隙間を手で閉じてあげましょう。小型で持ち運びができる電池で動くコードレスタイプや、家庭用電源を利用する据え置き型のタイプがあります。外出先であればコードレス、家庭で利用するのなら据え置き型と、2種類用意するのも良いものです。

お子様の頭をしっかり支えてあげましょう

鼻水吸引器を利用するときには、お子様の姿勢も重要なポイントです。幼児期であればきちんと座らせて動かないように言うことでも大丈夫な場合がありますが、乳児期の場合には仰向けに寝かせてあげて、頭が動かないようにおさえてあげるとスムーズに鼻水を吸うことができます。また鼻にノズルを挿し込むときにはなるべく垂直方向にゆっくりと進めます。差し込んでいるときにはお子様が急に動いてしまわないように支えて固定しておくのがベストです。乳児の場合は膝を使って固定しても良いでしょう。また、幼児の場合には頭を反対側の手でおさえてあげるとスムーズです。使用後にはノズルをきちんと洗って、消毒をして乾燥させておきます。同じノズルを洗わずに別のお子様に使うことは避けてください。