正しく使うことで鼻水吸引器はこんなメリットがあります

鼻水吸引器は、赤ちゃんや幼児など、自分でうまく鼻水をかむことができない時に、自宅で親が吸引してあげることができる器具です。鼻水はさらさらした水っぽいものもあれば、ねばねばとした粘度の高いものまであります。特に粘度の高いものは、のどの奥に流れ込んでせき込む原因となってしまいますし、息苦しさも伴いますから、できるだけ早く取り除いてあげることが大切です。赤ちゃんは大人と比べると免疫力も低く、生まれて1年ほどはよく病気をするものです。特に、鼻水にはウイルスが含まれているため、そのまま放置していると耳の中にウイルスが侵入してしまい、中耳炎になる可能性が高くなります。中耳炎になると、耳鼻科に通って投薬も必要となりますから、その前にできるだけ鼻水を吸引してあげることが大切となります。

鼻水をとらないと中耳炎になりやすい

大人の場合なら、鼻水は自分でかむことができますから、体外へと排出することができますが、乳幼児の場合にはそうはいきませんから、頻繁にとってあげる必要があります。鼻水がでているという時は、何かのウイルスに感染している状態ですから、鼻水の中にもウイルスを保持しています。鼻水の中にいるウイルスが耳の中に侵入してしまうと、中耳炎になり、高熱が出たり耳が痛くなるため機嫌が悪くなりますし、ゆっくりと眠ることができないため、体力も消耗してしまいます。こういった中耳炎を予防するためにも、鼻水を吸引することは有効な方法です。耳鼻科で鼻水を吸引してもらうこともできますが、一度吸引してもすぐに鼻水はたまってしまいますから、できれば自宅で吸引できた方が、負担も少ないのでおすすめです。

鼻水吸引器には手動で吸引するものと機械で吸引するものがある

鼻水吸引器には、親が直接鼻水を吸引するタイプのものと、機械で吸引するタイプの2種類があります。親が直接吸引する手動のタイプは、なんといっても価格も安く、コンパクトなので外出時にも持ち歩けるというメリットがあります。使用後は水洗いもしやすいため、いつも清潔に保つことができますし、すぐに使えるという特徴があります。ただ、粘度のある鼻水はうまく吸引することが難しく、親もウイルスに感染してしまうというリスクもあります。一方、機械で吸引するタイプは、耳鼻科で使用しているような電動で吸引していくものですから、鼻の奥にある粘度のある鼻水も吸引することができるというメリットがあります。手動のタイプと異なり一度に大量の鼻水を吸引することができ、一定に吸い込みを行えるというのも特徴となっています。